バドミントンカット打ち

バドミントンでカット打ちになり羽もボロボロ

夏ももうすぐ終わり遂に来ましたスポーツの秋季節ですねみなさま方においておいては、如何お過ごしでしょうか?そんなこんなで我がライジングサンバドミントンサークルも活況を呈して居ましてみんな各々の課題にまじめに?練習している見たいです(^_-)-☆←僕は不真面目かもしれませんそんな顧問の問題カット打ちこれ何とかならんのか?と言う事で我がチームで一番上手いサクちゃんに習ってみました

そもそもバドミントンのカットとは

本当に単純な話なのですが、簡単に言えばシャトルに対してラケットの面が斜めにヒットしているのです。要するに切る様にシャトルに当たっているすると羽はあらぬ方向・・と言うかヒッターから見て左相手からしてみれば右にしかシャトルは来ないそしてもっと問題なのは、羽の速度は滅茶滅茶遅いのです。簡単に言えばどんな人でも簡単に取れる球筋なのです。初心者に優しいですが、ある程度上手い人から見たら面白くないそうです。そして

バドミントンのカット打ちは羽がボロボロになる

ここがチームとしては一番問題ですねカッターが居るだけで羽は即座にボロボロになってしまいプラシャトルですら1ヶ月持たないどころか毎月の経費が莫大になるそんな状況ですからカットを打つ人は練習ご遠慮くださいと他のチームでも公言しているらしいです。そしてただいま矯正中となり

カットスイングを外に振るバドミントン

元々カット打ちは、グリップの問題がかなりあるらしくグリップから治しても中々上手くいかない程のしつこいフォームが身についてしまっているもちろんウェスタングリップでは無いイースタンでのフォームだがそれでも上手く面が出せないそこで教えてもらったのは

バドミントンラケットのイースタングリップを外に振れ

そうです。いっそのことスイングフォームの中でイースタングリップから強制的に面を作り出す作業要するに外側に振るフォーム作りを考察ただいまその形でのフォーム練習中となるのでした

結局はやはり素人ですね(^_-)-☆

これから泳ぎに行ってきます

バドミントン練習のシャトルについて

バドミントンシャトルのご意見を聞きました

ライジングサンの顧問島村です。みなさんで夏も乗り切って頂きスポーツの秋へとシフトの季節です。昨今は朝晩どころか日中もかなり涼しくなりましたそんなライジングサンですが、近々の懸案事項であるバドミントン練習のシャトルですが、最終的な方向性のお知らせです。

バドミントン練習基礎打ち時のシャトル

ライジングサンでのバドミントン練習の構成から考えると集合して前半は、バドミントンの練習でもほぼ基礎打ちとなります。その際に使用するシャトルについてですが、基本的には今まで通りのプラシャトルであるNAVIS2000を使用する予定です。もちろんその際にどうしても水鳥のシャトルで打ちたい人も居るでしょうが、予算の関係上基礎打ちのシーンでは、プラシャトルで練習をしてもらいます。

バドミントン仮ゲーム時のシャトル

後半バドミントンの練習もゲームに移行します。この際のシャトルについてですが、まず各自の要望をお聞きします。ダブルスで行う場合は、4人ですが基本1人以上が水鳥のシャトルを要望した際に、水鳥を使用します。もちろんバドミントンの上手い下手は関係なく誰でもこの水鳥のシャトルを使用できる様にしますが、

バドミントンゲームでのシャトル数

一応上記でも記載した通り水鳥のシャトルを誰でも公平に使える様には、考えていますしかし予算と言う限界が有りますので、ここでは、シャトルの数に制限を掛けるつもりです。要するに少し厳しめですが、その日の仮ゲームで使用できる水鳥のシャトル数は、上限で2個までです。

バドミントン練習でのシャトルルール

今回は、会員のみなさまより色々なご意見を聴取したつもりですが、どちらにしてもはやり少しは水鳥のシャトルを入れない訳にはいかないとは思っていました。そこで予算の兼ね合いそして技術レベルとの考えその他体への負担などシャトルに関してはかなりの要素が有るかと思います。ただし我がライジングサンの基本コンセプトは、あくまで楽しくのんびりと行うバドミントンですからシャトルに関しての問題はあまり馴染みがありませんそこで・・

水鳥のシャトルをゲーム時に使用したい人が発言してください

要するに水鳥のシャトルを使用したい人は、僕に言ってくださいなおこの事案は来月9月からの実施となります。9月でも少し発注などの兼ね合いで遅い時期になりますが、一応9月中には対応出来る様にします。もう一つは、水鳥のシャトルの品質ですが、それはこちら運営側で予算から品質を決めますのでご容赦ください

バドミントンシャトルに関してのお知らせでした