来月のゲームシャトル

2019年10月のゲームシャトルは、、

皆さんお元気でしょうか?厳しい夏の暑さも少しづつ和らいで来て過ごしやすい季節の到来ですねそんな中みなさんもご存知の様にスポーツの秋です。ただいまライジングサンバドミントンサークルでは、基礎打ちで使用しているのはプラシャトルです。そしてミニゲームで使用している羽根シャトルはRSLと言うコスパシャトルですそして来月は、ゲーム用のシャトルを変更します

RSLシャトル中々好評です。

昨今みんなの意見を聞いてみましたが、割とこのRSLと言うシャトルは、好評です。しかし最初は飛びすぎるなどの意見もあり少々どうなのかな?と思いましたが、結局人間慣れればそのシャトルで全然平気なのかもしれませんね(^^♪そんなこんな状況ですが、一応今月のゲームシャトルはRSLで通しましたが来月のシャトルは、ヨネックスエアロセンサ200を投入予定です。

シャトルの比較は10月で終了です。

とりあえず9月、10月と連月でシャトルを比較して見て皆さんの意見を収集そして結果で11月購入のフェザーシャトルを決めようかと思います。当然ですが皆さんの意見が主軸となります。当バドミントンサークルではやはりある程度の予算内での運用となりますので実はこの2つのシャトルは値段も近接しています

基本的なシャトルの使用方法は変わらず

まず一度整理しますが、まずシャトルの使用方法
基礎打ち→プラシャトル(ネイビス)
ミニゲーム→フェザーシャトル(RSL若しくはエアロセンサ200)
上記の様な使用方法を致します。またプラシャトルはやはり2か月から3か月は持ちますねそしてフェザーシャトルはやはり耐用時間は、やはり1か月が限界みたいです。

夏場と冬場のシャトル分け

あまり細かな事をしてもどうかな?と思いますが一応夏場と冬場ではシャトルの飛びが違うのはご周知の事かと思いますが、一応ライジングサンバドミントンサークルでは、ざっくり2種に分けます。特にプラシャトルでは、夏はグリーン、それ以外はブルーで使用します。

練習用バドミントンシャトル

バドミントンシャトルミニゲーム用

早速ですが、お知らせです先般よりシャトルに関する事で皆様にはいろいろなご質問をしてしまい申し訳ございませんでしたそんな折バドミントンサークルライジングサンの練習時のシャトルに関してご説明したいと思います。

基礎打ちのバドミントンシャトル

まず、当初から基礎打ち、そしてミニゲームなどでのシャトルですが、通常はプラシャトルを使用していましたそして昨今の諸事情その他のご要望などを鑑み今後のバドミントンシャトルの使用方法について変更していきます。先週位からバドミントンシャトルに関してミニゲーム時に数名の会員の方から水鳥でのバドミントンシャトル要するにフェザーシャトルのご提供が有りました事感謝いたします。そして今日現在未だ我がバドミントンサークルライジングサンでは、フェザーシャトルの購入はしていませんが本日購入に至りました事お知らせいたします。

バドミントンフェザーシャトルの使用基準

基本的には、基礎打ちの段階は、プラシャトルでの運用を予定いたしています。このプラシャトルも一応季節は2段階とします。まずブルーが主軸となり夏季のみグリーン使用となります。そしてフェザーシャトルの使用ですが、現段階では、ミニゲーム時の使用とします。そして今回購入したフェザーシャトルですが、安価版となります事ご了承ください

購入したバドミントンフェザーシャトル

RSL1999YENと言う安めのフェザーシャトルの購入となりました一応クラブでの使用が結構あるとの広告があったのでとりあえずこの約2000円でのバドミントンシャトルで運用してみてテストして見ようと思います。ミニゲームとなるとどうしても、ラケットへまともにヒットするのが難しくなる為気になる所は、やはり耐久性かと思われます。まずはそのテストからですね

バドミントンフェザーシャトル運用は、9月中盤以降

この記事を書いているが、9月8日です。アマゾンで依頼したら結果届くのは、15日との事なので、それ以降での運用となります。もちろん今月グリーンプラシャトルも2か月目となりますので、もう少し待って気温が落ち着いてきたらまたプラシャトルブルーの発注も致します。今後は2か月に1回がプラシャトル発注くらいでフェザーシャトルは、どのくらいで発注なのかまた計算してみます。

みんなで楽しくバドミントンをするのに環境整備は重要です。