新メンバー続々参加‼

早速ですが、みなさんお疲れ様です。

今までのメンバーさんもそして新メンバーのみなさんも本当にご参加ありがとうございます。我がライジングサンも昨今ではかなりの人数となり本当にみんなで和気藹々と←わきあいあいと言うらしいです。難しいですね(^^♪なり楽しく運営出来ている事に感謝します。そこで、

メンバー増加に伴いもうすぐ線引き

もちろん悪い意味ではありませんしかし今我がライジングサンでは、練習時間と共にコート使用について少し連続的に練習できていない状況なども発生しています。人数が増えるとどうしてもコート使用が1面なのでプレー人数的には最大で4名となり他のメンバー様が浮いてしまいます。よって今後は少し考えて新規メンバーの受付をコントロールする形になるかと思います。

もちろんコートは臨機応変に

当然ですが今の現状でもその日の参加人数によりゲストコートの借り入れも考えています。そして会費も今まで通りで運営していきます。ただし今期から始まった会費を総合して来年3月に期末集計をしてみて来期4月からの会費に関して見直しをする事もありうるかと思われます。ゲストコートの借り入れにて少々の持ち出しが現在あるので予測が今難しくなっています。

最終結果は今期最終で判別する予定です。

 

結局ゲームシャトルはRSL

会員のみんなにシャトルを聞く

皆さんお元気でしょうか?バドミントンサークルライジングサンの島村です。10月だと言うのに、結構な高気温状況が続きます。既にお彼岸も過ぎて昔ながらのお言葉に、暑さ寒さも彼岸までと言われていましたが、昨今は秋まで夏空状況の上昇気流ですねそんな上昇気流の中羽根の問題が終結いたしました我がチームが選んだ練習用シャトルそれは

RSLシャトルで決まりです。

先月1ヶ月間は、基礎打ちには、プラハネのグリーンを使用してミニゲームに使用したのが、RSLと言うフェザーシャトルでしたそんな感じで会員の皆さんと練習をしていたのですが、実は今月10月期はヨネックスのエアロセンサ200を使用しようかとみんなに相談したところなぜかみんなからの意見は、『今使っているフェザーシャトルが良い!』と言う意見が大多数です。そんな感じでみんなからの意見を再度まとめると

RSLシャトルの打感が良い!

みんなからまず意見として出てきた言葉は、打感が良い!でしたこのRSLと言うシャトルの打感が良いらしいのですねでも、、それって基礎打ちでプラハネ打っているからただ単にコルクとフェザーの羽根に変えれば当然打感は良いでしょうね(^^♪ある意味作戦みたいなRSL誘導型の使用方法にちょっと??と思うわけですが、まぁみんながそういうなら良いでしょうそして次のキーワードこそ重要なのです(運営側を痺れさせた言葉です)

RSLシャトルは耐久性が高い!

みんなからの意見のほとんどは、上記の打感が良いです。しかしそれはきっとエアロセンサ200を使ってみると同じように打感は良いと思いますよしかしチームでも若頭(ちなみにこの前大会で優勝したんですよ凄いでしょう(^_-)-☆)の彼の一言が痺れましたねそれは、『顧問みたいなカット打ちの人が居ても壊れないじゃないですか!これって良いですよね』との事です。まぁズバリの事言ってくれる訳ですが、それが現実ですよねそんなこんなでこの耐久性について素晴らしいとなり

結論は、RSLシャトルになりました

結果はこのRSLシャトルになったのですが、先日ガットが切れたので、ときわスポーツにガット張り直しに行き色々物色しているとびっくりです何とエアロセンサ200が1300円前後で売っているじゃありませんか!店員曰く『箱買いする人も居るんですよ!』との話ですRSLが約2400円に対してこれは、、と思ったのですが、みんなの笑顔を最優先ですね(^^♪

チームはチームなりの楽しみがあれば良し!その上