若年層の糖尿病

昨今の運動不足により巷は大変な事になっているみたいなニュースは良く見受けます。何がたいへんなのかこちらも良く分かりかねる中、僕らの大変な事は、羽が打てない大変な事なのです。がそんな中大変な現実がすぐ横にありましたそれは、職場の23歳の社員が、糖尿病で入院だそうです。普段の食生活と運動不足からやって来たのでしょうか?

糖尿食生活は重要です

ある程度一人暮らしだったりする男は、ご多分に漏れず食生活は偏りやすいのが普通です。僕もそうですが、ほとんどの食事では、主食のみと言うのが相場です。例えばインスタントラーメンを作る、それにおかずとしては、ごはん見たいな要するに主食で主食をおかずにしているのです。これはズバリ!

炭水化物生活なのです!炭水化物は体の中で消化されそれは当然莫大な糖に変換されます。先に言って置きますが炭水化物を食べては行けない訳では有りませんから食べていいんですよ条件付きでね(^_-)-☆

食生活が糖尿病を呼ぶ

結果物凄い勢いで体中に糖が溢れます。この糖分は敵だ!ではありません実は特に脳のエネルギーとして使われます。が、当然昨今の食事事情の内容を全て脳の活動エネルギーとして糖を使うほどまででは無いのです。余った糖分は蓄積され病を生みます

前章でも言いましたが、炭水化物を食べてはいけない訳では有りません炭水化物は生命維持と能力向上には重要なエネルギー源なのです。学校で会社で勉学をすれば頭を使う、会社でも頭を使い体力までも使うそんな生活の中で万が一炭水化物が枯渇すれば、体の元気と頭の判断力は失われますだから重要なエネルギーを補給しなくてはならない

糖尿病になる前に糖をエネルギー化

ここまでは、当然誰でも知っている内容です。炭水化物摂取→体内での消化で糖に変換→エネルギーとして使用ですねそれでは何がいけないのか?簡単です。摂取した炭水化物が糖に変換され糖が体内で余りまくるすると糖のオーバーフローが起きる糖尿になる

単純に考察した感じから言えば摂取したエネルギー源で糖が変換された後その糖をエネルギーとして消化燃焼してしまえば良いのです。糖をエネルギーとして消費してしまえばかなり糖尿は良くなります。そうです運動です

糖のエネルギー化にはビタミンが必要

火が燃える条件は、と言えばほとんどの人が答えるのが可燃物と空気です。実は糖も同じ様に、糖だけ有ってもただの可燃物みたいなものです。その糖が筋肉を動かし、パワーを発揮する為には、必要なものがあります。それは、ビタミンです。

僕は、専門家では有りませんので、後は、みなさんでググって貰うなりして調べてもらえば良いかと思いますが、調べた限りビタミンB群は脂質、糖質関連のエネルギー化には有用らしいです。

結果脂質糖の燃焼にはビタミンB群です!