冬のバドミントンハーフパンツとレギンス

スポンサーリンク

今年も年が明け新年からバドミントンが始まっています。そんな冬まっただ中4番の季節です。ちなみに4番とはシャトルの番号なんですが、、まぁ今回はそれはそれ、感じですがこの時期のバドミントンの練習は最初の20分程が辛いのです。それは寒さです。何しろ寒いのです。練習始めは寒くてたいへんです。そんな中レギンスとハーフパンツの組み合わせは重要なところです。

スポンサードリンク

ハーフパンツとレギンスの組合せは他のスポーツでも

レギンスとハーフパンツの組合せは、中々良い感じです。まず私の場合はこの酷寒期レギンスそれにハーフパンツその上に防寒のアウターを装備しています。これにより練習の始まりはアウターパンツを着たまま練習始めてその後体が温まってきたらアウターを脱ぐ感じです。その際いま問題なのがアウター防寒パンツの脱ぎ方です。バドミントンシューズを履いたままで脱ぐことが出来ないタイプ要するにサイドにチャックが無いのでそこが面倒ですねちなみにハーフパンツとレギンスの組合せって実はバドミントンだけではありません少し変わりどころのスポーツではアウトドア系の登山とか、釣りなどもハーフパンツとレギンス組合せています

ハーフパンツは冬も夏も使うがレギンスは?

実際のところ、私は夏冬ハーフパンツは着ますが、レギンスに関してはやはり夏は履きませんしかし夏でもハーフパンツとレギンスを装着している方を見ます。これはなぜかと思っていたのですが、僕が最初にレギンスを履いた時思ったことがあったのですがそれは、少しですが足が軽くなる感じがあったのです。どうやら足の筋肉を締め付けるために少しだけでも筋収縮を促している様子です。そうするとハーフパンツにレギンスは夏冬良いのかもしれません

ハーフパンツは、体温調整に必要

当然といえば当然ですが、練習が始まる前は防寒のアウターパンツそして練習しながら温まり始めたらアウターを脱ぎハーフパンツでの練習となります。ハーフパンツでの練習していてもミニゲームなどで人数上あぶれる事があります。そんな時は見学ですが、その際はハーフパンツだけでは、当然寒くなります。そういった際はアウターパンツを履いて体を冷やさない事も重要です

防寒のためのアウターとハーフパンツ

どちらにしても厳冬期は、レギンス、ハーフパンツ、アウターパンツは必要になります。特にアウターパンツでは、バドミントンシューズを履いていても脱ぎやすい裾に開口チャックが装備されている様なパンツがよろしいかと思われます。この時期は洋服による体温調整は重要ですのでハーフパンツを中心にレギンスそれに防寒のパンツで上手く体温をコントロールしましょう

ちなみにハーフパンツは複数持って置きましょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です