自宅でダイエット時代

新型コロナ恐るべし我々バドミントンクラブ活動が完全に出来なくなり挙句、自宅謹慎ってマジですか?って感じですねそんな中時代はテレワークに在宅勤務と来ています。そして、、

時代は、自宅でヨガにピラトス、そしてストレッチが出来る新時代がやった来たのです。既に始まっているインターネットオンラインダイエットそれが、SOELUなのです。

自宅でインストラクター付きのダイエット時代

SOELFとは、スマホ、パソコンなどインターネットの回線を利用しながらオンラインでインストラクターの指導の元無理なく自宅で自分の環境でヨガ、ピラトス、ストレッチなどを実施できます。それが、なぜダイエットなのだ!と思うでしょうが

実はダイエットのスタートラインは、まず血流などを整える事から始まります。もちろん強靭な精神力のある方は、毎日の様に単独で、ジョギング1時間その後ストレッチ30分などの人が居るでしょうが、

ズバリそんな事出来るなら今頃この体形では無い( ;∀;)要するに1日出来ても3日が努力の限界点これこそ3日坊主と言うシステムです。しかしこのSOELFでインストラクターの元自宅でダイエットすれば、長続きする

人が集まらない運動だからNow!

今新型コロナウィルスで、巷ではみんなで集まらない様に言われてスポーツジムとかの利用は出来ません!だから当バドミントン部も自宅で籠っているのです。しかしこのSOELUFは、

みんなが集まらなくても今居るあなたの自宅そしてスマホの前でインストラクターと繋がります。密集したスポーツジムでの感染はありませんそして在宅勤務などで少しの時間が出来たなら

あなたの自宅がダイエットの現場です。

ナイスバディを作るボディメイクはきついですか?そんな事は、ありませんそれは、独自で行っているボディメイク、リバウンド予防などの運動はきついですよしかし

自宅に専門のインストラクターが来てくれてヨガにピラトス、ストレッチなど指導してくれたら、そうです!流れを作ってくれるプロが自宅に来てくれる様な感覚こそが、インターネットオンラインダイエットです。

ダイエットの為の移動時間は負担が多い

水泳、バドミントン、そしてマシントレーニングこの様な運動関連のキーワードは何か?それはフィールドまでの移動です。自転車なのか、電車なのか、車なのか?その費用たるや結構掛かります。しかし

そういった移動費用など考えてみれば、自宅で運動がプロのインストラクターの元出来るとなるとこの費用は、安いの?それとも高いの?高いか安いかを決めるのはあなた次第です。

バック奥フットワーク

バック奥のフットワークはフォア

皆さんお疲れ様です。バドミントン楽しんでいますか?そんな冬のバドミントンサークルライジングサン顧問です。火曜日の任意練習での事ですが、後ろ全般弱いですねその原因はやはりフットワークでしょうねそんなフットワークでも特に弱いのは、バックでの返球処理既に結果は見えていていつも返球は甘い球が戻る

そもそもバックは苦手ですね

基礎打ちの際もバックはかなり苦手です。当たらない空振りをするなどバックは乱れまくりです。そんな状況でバック奥に打ち込まれた場合などは、フットワークが遅い、当然バックで返球すると返球は絶好調の浮き球が相手に返球されます。手痛い返球でゲームセットですね

バック奥をフットワークで克服

要するに後ろ全般への動きが遅いのです。これを克服するにはいくつかの問題がありですねまず後ろへの動き方を変えるyoutubeで勉強すると後ろ向きに走ってはいけない!後ろへの動きはやはり横スキップする事が良い様子ですが、そんなものすぐには出来ないならばちょうど有酸素運動をする予定だったのでそんな動きを出来る場所で後ろ横スキップの練習だそして

バック奥をバックスイングで打たない

これ重要です。バック奥にフットワークで移動した際に重要な事は、バックのフォームで打たない事です。結論フォアフォームで打ち込む低く低くスレスレに打ち込むには動き出しを早く球に対してのフォームはフォアで打ち込む全般に言えますが、球はスレスレか大きくクリアーで奥を狙うバックスイングはどうしてもの際なのか

今は後ろフットワークこそ重要ホームポジション

後ろ奥フォア、バック 前フォア、バックならば一番問題なのは何かそれはポジションに行ったらそのままの状況がいけない必ずホームポジションから前後左右に動き打ったらホームポジションに戻る